読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

店舗設計者の本音と店づくりの知恵袋

店舗の設計を35年間もももつづけてきた図面屋です。私のCAD資料をベースに店づくりの基本と本音をお伝えします。

緑内障は、成人の中途失明原因第1位です


実は危険!気になる目の病気「緑内障」 ってご存知ですか?
 
昨今、成人の中途失明原因第1位となっている緑内障とはどんな病気でしょう。
 
緑内障とは
目が正常な機能を保てる「適正な眼圧」というものがありますが、その眼圧が必要以上になると、視神経が障害され、視野が欠けてくる病気です。
 
一度障害を受けた視神経は、再生することがないため、緑内障は失明する危険を伴う大変怖い病気といわています。 
 
緑内障は、早期発見・早期治療が大切なのですが、初期段階では、自覚症状があまりないのと、片方の目で発症しても、もう一方の目が欠けた視野を補ってくれるため重症になるまで症状を自覚しにくいとされています。

そして、症状が進行してしまってから受診する方が多いようです。私もいま緑内障の疑いがあるかどうかを調べるために、眼圧検査のチェックを行ってます。

実は、緑内障は、40歳以上の17人に1人がかかる身近な病気なのです!! 初期症状はないものの中期になって初めて視野が狭くなったことを自覚される患者さんがほとんどのようです。
 
症状としては
・昼に視界が暗い
・頭痛がする
・目の奥が痛い
・黒目の周囲の充血
・虹がかかったように見える
・両目で見え方が違う 
・吐き気がする

緑内障についてより詳しい情報は、
緑内障


次回には緑内障の早期発見のためのセルフチェックの方法や、見逃されやすい正常眼圧緑内障について、また必要な検査や治療のポイントなどを詳しく伝えしたいと考えています。