店舗設計者の本音と知恵袋

店舗の設計を35年間もももつづけてきた図面屋です。私のCAD資料をベースに店づくりの基本と本音をお伝えします。

【スポンサーリンク】

最悪の仕事が平成最後やってくるとはこれ如何に!

f:id:zumenya:20190420161635p:plain


平成も後10日足らずで終わりです。平成が長かったように感じる自分にはちょっと残念なきがします。

良きも悪しきもいろいろあって自分には思い出多きあった時代です。あとわずかだったのでこの時期はゆっくり時間を過ごしたかった。

が、そうはいかないのが現実です。

昨年からとんとん拍子で仕事も順調でした。しかし、ここへ来て大失敗したんです。

というのもとある仕事を受けてしまったからです。これがもう最悪でここんとこ寝ずに仕事をしいている状態です。

「なんでやねん!この時期に!」って、落ち込んでいます。

【スポンサーリンク】

 

別に取りたい仕事ではなかっただけに、その埋没間は半端ではありません。若かりしころの実力のない自分を思い出します。

/>本当は平成最後の仕事は良かったなあ。って後になって思いたいところですがこの仕事だけは、自分の人生の汚点となるでしょう。

言ってみれば、詐欺にかかったような気がします。

クライアントが聞けば、耳が痛いと感じ案すが自分としては、このことについて何か書いておかないときが気が済まないのです。

今月の15日に打ち合わせを済ませたものの、あっという間に2週間経ちました。依頼作図は、ほぼ半分仕上がったので安心していますが、人件費が高く付きほとんど赤字です。

失礼な話でしょう。打ち合わせを済ませた後に、予算提示され受けざるを得なかった物件。

パースとちょっとしたスケッチを手渡されただけ。「馬鹿にすんな!」って言いましたがクライアントは笑いでごまかす。

特に義理はないので、断れば良かったと今は悔やんでいます。

ただ、受けてしまった以上はやるしかない!

どこのクライアントとは言いませんが、最近はこういうケースがどのクライアントにも多いことを感じます。

人材不足ですね。もう嫌になっちゃいます。

この業界はそろそろ終わりのような気がしますね。自分知っている業者もデザイナーが不足してろくでもない図面があがってくるそうですが、きっとどこの業者も同じだと確信します。

オリンピックがはじまり、大阪での万博もありますが、各業者さんも今からしっかりと人選びをsなくてはなりませんね。

図面を描く人が少なくなって、自分としては喜ぶべきなんでしょうがそれどころかレベルの低くなった我が業界を嘆きます。

いずれにしても当分はこんな感じでこの業界も回っていくのでしょうね。

毎日の活力剤となります!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ
にほんブログ村

デザイン ブログランキング