店舗設計者の本音と知恵袋

店舗の設計を35年間もももつづけてきた図面屋です。私のCAD資料をベースに店づくりの基本と本音をお伝えします。

【スポンサーリンク】

図面屋さんの三文日記〈2018年07月〉

f:id:zumenya:20180704130551j:plain

07/04 (WED)

今年も約半年過ぎましたが、私は相変わらず仕事に追われています。

現在、携わっている物件も2ヶ月目に入りますが、いっこうに進展はありません。いい加減に嫌気がさしますがこれも仕事と割り切ってます。

さて、今日は広島駅のお土産物屋の最終図面チェック。

その後、提出ですが、この物件もはや3ヶ月経ちます。やっと終わりです。本当に長い物件でした。

思うことはただひとつ!

どんな業界もそうですが、私思うに「やはり段取りが一番!」と感じます。

これは今に始まったことではありませんが、こっちは図面料がもらえるので良いのですが、出す方はいったい何を考えているのか未だに分かりません。

ちなみに今日はアメリカ独立記念日です。「7月4日に生まれて」を思い出します。

→ 7月4日に生まれて スペシャル・エディション [DVD]

 07/25 (WED)


今日も暑い日が続きますが、私は相変わらず仕事仕事です。


先月もかなりハードでしたが、ここへ来てまだそのハードさは続きます。

さて、今日の作業はと言えば・・・・。

1.今年5月から続行の京都のホテルの客室展開図と天井伏せ図の図面チェック→提出

2.先週発生した、ナンバシティーのレディースのシューズショップの施工図。

3.来月からスタートするユニバーサルスタジオのアトラクションの実施図。
※まだ、現状図が届いていないので困りますが・・・・・。

毎日、早めには退社するのですが、大阪駅は夏休みのせいかかなりごった返しているのが不快です。

 

07/26 (THU)

嫌気がさすようなこと!

それは、都合の悪いことをメールで送りっぱされることです。

例えば、図面修正が多い仕事ですが、クライアントも「こうしてくれ、ああしてくれと!」ってよく結われるのです。

一応は、気持ちよく対応するのですがあまり修正が多いと先方も、きっと気を使うのですね。

よーく分かります。

が、

連絡なしで、メールでの変更をするのはよいのですが、こっちも忙しくていちいちメールを読んでる暇が無い中、見落としがあって・・・・・・。

図面仕上がったのでって喜んでいるのに、機能の修正OK?ですかって連絡が入るんです。

もう、そんなときはキレてやります。


みなさんもメールで送りっぱなどはしないように!

 

07/27 (FRI)

やっぱり、早い!!


というのが、作図の件ですが先週の17日のスタートしたややこしい図面が、今日で約8割完成なのです。

もちろんスタッフの働きも良いのですが、私独特のやり方が毎回のようの功を奏しています。

「図面はひとりで描かない。」

これをモットーとしている私にとって、過去から現在までこのノウハウで数々の図面を手掛けてきました。

ひとりでコツコツとやるのも良しとしますが、最近の仕事依頼はとてもじゃないけどひとりでコツコツやってると気が狂います。

ですから、私は私なりの考えで作図作業をライン化しています。このノウハウはちょっと誰にでも出来るものでは無く、一種のハーモニー(調和)がいるのです。

明日は、親父の法要で休みますがすの分スタッフが頑張ってくれます。