店舗設計者の本音と店づくりの知恵袋

店舗の設計を35年間もももつづけてきた図面屋です。私のCAD資料をベースに店づくりの基本と本音をお伝えします。

現場の実測寸法こそ店舗づくりの肝です!


f:id:zumenya:20170630075927j:plain


今日も早うから仕事を進める私ですが、昨日は遅くまで目に見えない例の保育園の仕事を進めていました。

しかし、現場寸法が解らないままでの作図は力が入りません。現場が関東なので簡単にはいけませんので、情報はクライアントの現場監督さんからしか手の入りません。

やけのやんぱちでブーイングしたらやっと昨日、まともとは言えない原調寸法の結果が送られてきました。

毎日の活力剤となります!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ
にほんブログ村

デザイン ブログランキング

 しかし、無いよりはましなので、これで進めるしかありません。

店づくりの最初はやはり墨出し図が基本です。これが基本となり什器や建具の図面が描けるのです。

元々、墨出し図らしきものはあったのですが、あまり当てにならず、やはり現場での寸法が肝となります。

すでに建具図と単品什器は仕上がった状態にありますが、それが現場でちゃんと納めるには正確な墨出し図が必要です。

今日からは、一旦描いた建具図、什器図を現場寸法に当てはめる作業となりますが、問題はまだまだ山積しています。

今思えば、事前に私も現場立ち会いで、入念な打ち合わせをしておけば良かったと反省してます。

というか、スタッフ全員のアクションが遅い! とても嫌な現場です!

しかし、受けたからには最後まで全うしなければ、私流ではないのでそこは歯を食いしばってでも納めに専念します。

内装業ってほんと、昔から変わることなく同じことの繰り返しばかりです!まともに進行した現場にはほとんど遭遇しませんね。

後ってのまわるような現場ばかりが、私のところへやってきます。これ以外にももうひとつ抱えている物件も悲惨です。

この業界の将来が見えたような気がします。

毎日の活力剤となります!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ
にほんブログ村

デザイン ブログランキング