読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

店舗設計者の本音と店づくりの知恵袋

店舗の設計を35年間もももつづけてきた図面屋です。私のCAD資料をベースに店づくりの基本と本音をお伝えします。

店舗設計を目指す人は正しい図面を描くこと!

■図面の描き方とすすめ方 ■図面屋のほぼ日記録

f:id:zumenya:20170221131618j:plain


店舗設計を職業として、はや35年経ちましたが、僕も最初から順調な滑り出しではありませんでした。

図面といえば、模型の図面程度しか知りませんでしたし、まさか自分が店舗の設計などするよしもないと思っていましたから。

卒業後、会社には入ったものの、人に使われるのがどうも嫌で毎日上司に逆らっていたような気がします。

3年を過ぎた頃、店舗設計に目覚めて小さな展示会の施工会社を立ち上げました。

毎日の活力剤となります!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログ 店舗デザインへ
にほんブログ村

デザイン ブログランキング

 展示会も店舗もカテゴリーには差違がありますが、必ず図面というモノが必要です。見よう見まねで描いてはいましたが、ほとんどが素人図面でした。


笑われたことも多くあって、よく泣きそうになりました。そんな中、店舗の設計施工の仕事が舞い込んできたのです。

何がどうなって仕事が、入ってきたかも今は記憶がありません。

それから、展示会程度の図面で店舗図面を描いたのですが、全く施工は進みません。

そりゃそうでしょう、図面らしきモノがなくてほとんどが、マンガのようなスケッチで打ち合わせをし、発注していたのですからね。

大馬鹿者でしたね、僕も!!

僕の友人が下請け業者として入ってくれたのでなんとか、竣工となりました。

でも、店舗オープンの立ち会いは、恥ずかしくてクライアントにも目を合わすことが出来ませんでした。

このとき、本気で図面を描こう決心ししたのです。

今だからいえることは!

図面を描くことは、どの程度図面を理解しているかが大切であって、次のことを意識して図面の勉強をしました。

まず、図面が読めるんですか? そして、図面お間違いが探せますか? 最後に、見やすい図面とはなんですか?

上記の意味がお分かりになりますか?

この内容が、理解できる人は初心者と言えども素晴らしい設計者になる素質は十分にあると感じます。

本気で図面を描こうと思えば、誰だって描けますが、要は覚え、理解しようとする気があるかどうかです。

私はこの難解な図面を誰にも教えてもらうことなくここまで来ました。

マネキン会社で、捨てられていた青焼き図面をこっそりいあただき、それを参考に図面勉強をしたのです。

独学でしたね!

その後、店舗図面を勉強するときは、徹底して<b>真似ること</b>をしました。

最初は、それで良いのだって、自分に強く言い聞かせていました。

資料なんかも、今は書籍店に行けば必ず何か見つかるし、ネットでもそこそこ良い情報がありますが、当時は内装に関する情報はほとんどありません。

笑い話ですが、私は躯体の図面表現さえ分からず、嫌な苦労した記憶があります。

最初は、何をはじめるのも大変ですが、「継続は力なり」って言うのと、誰だって、最初はみんなそうなんです。

長々とありがとうございました。

毎日の活力剤となります!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログ 店舗デザインへ
にほんブログ村

デザイン ブログランキング