読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

店舗設計者の本音と店づくりの知恵袋

店舗の設計を35年間もももつづけてきた図面屋です。私のCAD資料をベースに店づくりの基本と本音をお伝えします。

ガラスショーケースの外観図

アクセサリー_002

アクセサリー002_ACC-1

このショップのセンターに設置しているガラスショーケースの外観図です。
ガラスショーケースの設計で難しいのはガラスとケースの取り合い部分ではないでしょうか?

しかし要点をきちんと理解していれば、さほど難しいものではありません。
基本的にガラスは天板から10〜15mm程中へ入り込んでいるのが基本です。又、内側のガラスから抽斗トレーまでも同じ寸法が必要です。

そして、ケース正面と側面のガラスを天板に差し込む時の溝は高さにもよりますが、15mm程度が望ましいですね。

このガラスと天板との取り合い部分の寸法を基本にして設計すれば、ほぼ問題ないでしょう。
あとは意匠との絡みで調整をしていくだけですね。

■このガラスショーケースがある環境図は下記をご参照下さい
アクセサリー&バッグショップの平面図
アクセサリー&バッグショップの展開図

人気ブログランキングに参加してますので、
応援、宜しくお願い致します。