店舗設計者の本音と店づくりの知恵袋

店舗の設計を35年間もももつづけてきた図面屋です。私のCAD資料をベースに店づくりの基本と本音をお伝えします。

意匠柱造作図の外観図


ladys003_05柱巻き図

さて、ショップの環境は先回で終わりです。

今回から、このレディースショップの各コーナー詳細図に入ります。

まず、この作図は店頭正面に見える意匠柱造作の外観図です。

意匠柱正面には楕円の額縁を施して可愛らしさを表現しています。

残りの三面はそれぞれにシステムを埋め込み、パーツを取り付けます。

スリットはこの柱のムードを壊しますので、ここでは「ベラル」というシステムを施したようです。

以前は「ニートモジュール」と呼ばれていました。

この方が、余計なラインが出ないので柱にマッチしていると感じます。

■この柱造作がある環境図は下記をご参照下さい。
レディースショップ《ティーンズ》の平面図
レディースショップ《ティーンズ》の展開図_01
レディースショップ《ティーンズ》の展開図_02

人気ブログランキングに参加してますので、
応援、宜しくお願い致します。

【ここでひと言】
店舗設計の手順

まず全体の環境図面を押さえる。
・平面図
・展開図
・天伏図(天井照明器具リスト)
 等々

次に各コーナー詳細図
・縮尺をあげて必要な詳細図を描く
・枚数は、必要と思われるカ所を事前に整理する

最後に
・什器図
・備品図

私と私のスタッフはこの順序で図面を進めます。

尚、進め方はそれぞれの設計会社によって異なりますが、相応にして上記と違いは無いかと考えます。