読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

店舗設計者の本音と店づくりの知恵袋

店舗の設計を35年間もももつづけてきた図面屋です。私のCAD資料をベースに店づくりの基本と本音をお伝えします。

内照式サインパネルの外観図と詳細図


mens_012サインパネル

さてこれからは暫く什器図のご紹介が続きます。

まずは柱前の内照式サインパネルですが、パネル自体はニッケルサテンのパイプフレームとスリット付きラッカーパネルで極々一般的なものです。

内照式サインはちっと複雑そうに見えますがいたって簡単です。

パーツは2つに分かれていて、1つはサークラインとそのカバーである乳半アクリとベースのスチールプレートです。
もう一つのパーツは前面のサインプレートと持ち出しパイプですが、このパイプはサークラインのカバーを引っ掛けるフックの役目も兼ねています。

メンテナンスは引っ掛けていたカバーとスチールベースだけを引き上げて行うので比較的楽に出来ますね。

■上の記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます。
★このショップの平面図
詳しくはこちらから!
★このショップの電気図
詳しくはこちらから!
★このショップの立面図
詳しくはこちらから!

人気ブログランキングに参加してますので、
応援、宜しくお願い致します。