店舗設計者の本音と店づくりの知恵袋

店舗の設計を35年間もももつづけてきた図面屋です。私のCAD資料をベースに店づくりの基本と本音をお伝えします。

図面屋の見通しのない仕事


昨年の暮れから、仕事が絶え間なく続いていますが、最近の私にとっては珍しいことですね。もう独立して37年になりますが、引退を宣言してから働くのは、半年ぐらいですかね。

仕事が欲しいわけでは無いですが、この仕事はまったく見通し立たない。

昔は景気もよかったんでしょう。仕事は嫌というほどありましたが近年は不景気も相まってまったくといっていいほど仕事の量は減りました。

まあ、引退した身ですからいいのですが、やはり昔ほど収入は入らないまでもやはり生活費は、多少なりとも稼がないときついですね。

仲間うちでやっている私のスタッフもみんないい年齢です。みんな昔は稼ぎ頭でしたが、現状の気持ちは私と同じ気持ちでしょう。

しかし、面白いのは内装業者が忙しくなってくると、ここ一番仕事の依頼連絡が入ってきますね。急場をしのぐというか、彼らもどうしようもないのでしょう。

実際の話今、業界では出来る人間がいないということを痛感します。現状この業界を担っている人間には、ほとんどが素人に毛が生えた奴ばかりです。

図面もろくに描けないのがいっぱいいます。

これじゃ内装業者もやっていけませんよね。確かに出来る人間は減っているように感じます。

見通しのない図面屋の仕事ですが、こんな業界の状態ですので何とか私も仕事がいただけるのでしょう。

人気ブログランキングに参加してますので、
応援、宜しくお願い致します。