店舗設計者の本音と店づくりの知恵袋

店舗の設計を35年間もももつづけてきた図面屋です。私のCAD資料をベースに店づくりの基本と本音をお伝えします。

オープン什器姿図/センターゾーン


121129オープン什器1-a

このオープン什器は豪華な仕上げです。金物は真鍮を使用していますし、木工はウレタン塗装仕上げです。プレタポルテか、ミセスのハイバージョンな品揃えのショップでの什器と思われます。

形状は、いたってシンプルです。まあ、このぐらいの仕上げをするならば形はシンプルでも存在感はありますね。この物件は、私の記憶では昨年実施したものでしょう。

この百貨店は、「凝る」ということで有名です。その他の売り場を見ても理解に苦しむデザインが一杯ありましたから。

担当デザイナーを変える必要があるのではないかと思いました。大きなお世話ですかね。(笑い)

尚、、断面詳細を添付しておきますので参考にしてください。

人気ブログランキングに参加してますので、
応援、宜しくお願い致します。

 

121129オープン什器1-b

図面的には、まあまあですね。ネタの入れ方が無駄なように思われます。私はフラッシュレベルで良いかとは思います。

これだけネタを入れると重さが気になるのと、無駄なネタを入れることは省エネに反します。私はこういう収めは嫌いですね。

※ネタとは、芯材のことです。これって全国共通でしょうかね?

人気ブログランキングに参加してますので、
応援、宜しくお願い致します。