店舗設計者の本音と店づくりの知恵袋

店舗の設計を35年間もももつづけてきた図面屋です。私のCAD資料をベースに店づくりの基本と本音をお伝えします。

メンズショップ《P&B》展開図_01


guess_展開図01

壁面をご覧いただければ、お分かりでしょう。VMDの手法が明確に感じられます。「見せる場」「売る場」がしっかりお客様に伝わるでしょう。

こういう店を造っていただきたいですね。壁面奥にはゲートっぽいくくりを儲けVPを意識しています。SPAのショップなので年間の在庫状況が気になりますが、商品の導入期、繁忙期、閑散期にも対応できる店の作りです。

この頃は、百貨店ではすでにこの手法は行き渡ってましたがこれほどの大型店では、存在しなかったようにおもいます。まあ、百貨店では無理でしょうけどね!

《ひと言》
昔々、とある日どこかのGMSの売り場開発の打合せで、フェイスアウトの話をしたらみんな認めてくれなかったことを思い出します。きっとみなさん何の意味かも知らなかったのでしょう。

数週間後にまた打合せにいったとき、みなさんがフェイスアウトの意味を知ったらしく、やたらとこのキーワードを口走ってました。

上司からの説明があったらしいです!

人気ブログランキングに参加してますので、
応援、宜しくお願い致します。