店舗設計者の本音と店づくりの知恵袋

店舗の設計を35年間もももつづけてきた図面屋です。私のCAD資料をベースに店づくりの基本と本音をお伝えします。

メンズ_003

レジカウンター

レジカウンターも多く描いてきましたが、基本タイプのものです。よく見てみるとレジカウンターというよりもサービスカウンターですね。失礼!百貨店は、集中レジが多いのでショップごとのレジはありません。しかし収納するものは必要です。ですからショップ…

ガラス棚オープン什器

メンズ、レディースどちらの売場でも使用出来る、ガラス棚オープン什器です。下部2段は、視覚的に苦しいのでスライドレールを取付けることでその苦しさは解消されます。什器高も900mmなので、商品を見やすく、触りやすいように気を配った什器のひとつです。…

メンズショップ_003THL/Bゾーン

仕上げはニッケルサテン仕上げのシンプルなT字ハンガーラックです。HG部は、角パイプを使用しているのでとてもスタイリッシュです。若者系のショップにはお似合いです。ステンレスヘアライン仕上げは、コストがかかります。ぱっと見は、それほど変わらないの…

システム什器/ハンガーパイプ

両面をハンガーパイプで構成しているシステム什器です。什器バックに、透明アクリル+カッティングシートを貼り什器に変化を付けています。本来のボリューム什器を店頭などに配置するときは、他の同じ形状の什器との差別化でこのようなテクニックを用います…

システム什器/棚・ハンガー

ショップの坪面積が小さいことから、店頭に配置されていますが普段は中央にてシステム什器として配置されることが多々見られます。片面を棚構成、もう一方をハンガー構成でバリエーションさせています。もちろんハンガーパイプ部分を外して、ここにトルソー…

壁面什器2連

壁面什器では、私にとってはおなじみです。このような図面をいくら描いてきたことでしょう。普通は、W=1200、W=900が基本です。しかしこの場合は、W=600ですのでちょっと変則ですね。おそらくワンスパンにワン商品を明確に見せるテクニックでしょう。縦ライ…

壁面什器3連

この什器はほとんどの百貨店の平場で活用されてます。機能はシンプルで、この場合は600ピッチとなってますがほとんどが900ピッチとなっていることが多いです。600ピッチで1スパンとすることで、商品を明確に見せる場所、売る場所と分けることで見やすさを助…

メンズショップ_003/イメージ

これは、百貨店のメンズ売り場のイメージです。このようにコーナーに必ず演出ゾーンを設けて、お客様にアピールします。壁面に説明があるように、商品の顔が見える転移の方法をとることが鉄則です。繁忙期は店内在庫を増やし、壁面に関しては全てショルダー…

メンズショップ_003の平面図

百貨店の平場メンズショップです。ショップと言うより「売場」ですね。昔は、こんな図面ばかり描いていました。急ぎで描くものですから、レイアウトが分かればいいという判断です。このようなプランを、1日に2〜3店舗分こなしてました。それは酷い生活で…