読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

店舗設計者の本音と店づくりの知恵袋

店舗の設計を35年間もももつづけてきた図面屋です。私のCAD資料をベースに店づくりの基本と本音をお伝えします。

店舗に不可欠な什器とVMDの関係_その2

VMD

今回は、先回お話しした「店舗に不可欠な什器とVMDの関係_その1」の続きです。ここでおさらいですが、VMDについて少しお話しします。VMDは、マーチャンダイジング(略語MD)の意図、政策、プログラムを「商品」「情報」「環境」と整合させた視覚的…

店内レジカウンターにもVMD演出を心がけては?

店舗には必ずといってレジカウンターなるものがありますね。最近は、VMDを意識してプランを起こすようにしていますが、実は店頭、店内だけではない部分にもVMDを意識した方がよいと考えます。この図面サンプルは、ショーケース付きのレジカウンターです。毎…

店舗設計を目指す人は正しい図面を描くこと!

店舗設計を職業として、はや35年経ちましたが、僕も最初から順調な滑り出しではありませんでした。図面といえば、模型の図面程度しか知りませんでしたし、まさか自分が店舗の設計などするよしもないと思っていましたから。卒業後、会社には入ったものの、…

店舗に不可欠な什器とVMDの関係_その1

前回、VMDについてお話ししましたが、店舗設計者として什器は必要性は不可欠なモノです。ここにある図面は、VMDと什器の関係を理解するために、5年前に作成した仮想の平面図プランです。店舗のかたちは、様々です。壁面を背負ってる店舗、アイランドの店舗…

これからの店舗デザイナーに求められること!

3月に入りましたね!ひな祭りと言うこともあって我が家は、ちょっと手狭になってしまいます。というのは、ひな壇を飾るのに私の雑物が、どっと僕の部屋に・・・・・。まあ、そんなことはどうでもいいのですが、今月から売れる、売れているショップについて…

京都には先人の技術はがいっぱい!

先人の技術がここまであったとは、ただただ感心することにつきますね。僕は、過去にいろいろな建物を見てきましたが、ここまで複雑に構築されたものは見たことが無かった。確かに、今の技術でも出来そうですが、きっとこれだけの材料は無いと感じます。しか…

詳細図を描けない今どきのデザイナーってどうよ!

店舗設計で大切なことは、いろいろありますが、僕の携わっていることは主に実施設計です。要は、各部の詳細図ですね。店舗デザイナーにとっても詳細図は、ややこしいと思っている方は多いと感じます。事実、「俺は、私は、デザイナーなんだから詳細図は描き…

有効陳列範囲を意識した店舗設計を心がける!

※図面屋.comさんからお借りしています。 上記の図面は、ショップなどでよく見られる、壁面システム什器の三面図です。ここでは、図面屋さんも必ずとは言いませんが、意識しておくべきことをお伝えします。すでに物販店でお勤めの方なら、入社当時は必ずとい…

店舗づくりは、「墨出し図」からはじまります!

店舗ってどうやって出来上がるかってしっていますか>?ただデザイナーが、描いマンガのような図面だけでは決して造れません。アパレルで言うパタンナーのような人がいてこそ、店舗はちゃんと造れるのです。私もそのパタンナーのような仕事をしていますが、…

図面屋さんは本音で生きて、今が在る!

長い間生きてはいますが、本音で生きるということは、ある意味、非常に難しいことですね!だって、本音=他人にはお構いなしってことに繋がります。しかし、僕は昔から、あまり人の話は聞かないし、自分勝手な性格をぶちまけていました。 図面を描いている生…

図面屋さんと京都

みんさん、おはようございます。ここ関西は、雪の影響で交通網がちょっと麻痺しかけていますが、せっかくの休みなのでカメラを持って京都へ行こうかと考えています。最近は、観光局が多くて昔の京都の雰囲気は一掃された感があって、あれほど訪れていたのが…

図面屋の本音で再出発!

このブログを開設して、早2年が経ちました。もともと、仲間内で立ち上げたサイトでしたが、各自が同じような内容、のサイトとなりとなってしまいました。これじゃ、おもしろくも何ともないって感じた今、私はこれからの新たな方針を出そうと模索していました…

ストック建具の姿図と詳細図

この図面はストック入り口の建具図ですが、まだ不十分な図面になっています。基本的に建具図は裏面の立面、断面が必ず必要ですのでご注意下さい。さてこの建具で注意しなければならない点が2点あります。 まず1点目は吊り元で、この図面では左吊り元になって…

壁面帆立の姿図と断面図

この図面が壁面の各スパンを区切っている帆立の詳細図です。タイプは2種類あって、エンドに取り付ける木製タイプは各ゾーン(レディース、メンズ、キッズ)をくくる役割で、先回ご紹介した幕板とでゲートを構成しています。中間帆立タイプは各スパンの見せ方…

FRの内部展開図

続いてはFRの内部展開図ですが、これといって説明を要する箇所は特にありません。 極々一般的なFRのの内部展開図を描いています。さてこのFR内展開図のブラケット照明横にコンセントがありますが、何の為のコンセントかお分かりになるでしょうか?実はこのコ…

壁面システムの姿図と各部詳細図

続いては壁面システムを利用した陳列什器です。 イメージスケッチを見て頂くと分かるのですが、各壁面のスパンは什器のようであって実は什器ではありません。幕板、帆立、ステージといった各パーツを現場で組み立てて構成しています。さて、まずは幕板とステ…

ディスプレーパネルの姿図と断面図

ファサードエリアの什器に続いて壁面のディスプレーパネルをご紹介します。このパネルもファサードのディスプレーステージと同様にショップカラーのグリーンで塗装をして柔らかい木目の環境の中で一際目立つディスプレーバックになっています。陳列スペース…

VPステージ什器の姿図

ディスプレーステージ什器の次はVPステージです。 ディスプレーステージとは打って変わって何ともお粗末な図面となっていますがご了承下さいね。このVPステージは片面のシステム什器をバックパネル代わりにして設置しているのですが、たまに両面のシステム什…

ディスプレーステージ什器の姿図と断面図

さて今回からファミリー型ショップの各部の詳細図と什器図をご紹介していきますね。まずはファサードエリアのディスプレーステージ什器です。 バックは造作壁でショップカラーのグリーンのAEP塗装仕上げでサインパネル部分をくり抜いています。シンプルなデ…

ファミリー型ショップのイメージスケッチ

壁面と柱の展開図の次に見て頂くのはイメージスケッチです。今回はカラースケッチにしているのですが、これがまた手間がかかる作業でした。いつもはモノクロスケッチで商品も殆ど描かないのですが、このスケッチでは商品に色を付けてよりイメージが沸きやす…

ファミリー型ショップの展開図_02

壁面の展開図に続いて柱巻きの展開図をご紹介します。防火シャッターが絡んだちょっと特殊な柱なんですが、どうしてもこのシャッターのガイドレールで意匠が分断されてしまいます。又シャッターの付近には什器の設置は不可とされ、レイアウトや陳列にも規制…

ファミリー型ショップの展開図_01

それでは先回のファミリーショップの平面図に続いて展開図です。この展開図ではショップ奥壁面とファサードのウィンド面を見ています。天井高さがGAP程はないので高さを活かした見せ方はしていませんが、レディース、メンズ、キッズの3ゾーンをディスプレー…

ファミリー型ショップの平面図

今回から新たなショップをご紹介しましょう。 ちょっと昔に流行ったファミリー型のショップ平面図事例ですが、SPAの波に乗ったメーカーさんのフレンチカジュアルをテイストとしたショップです。SPAに代表されるGAPやユニクロと同様、店舗のフロントには、サ…

建具の外観図と詳細図

スタッフルームの建具図です。このショップにはこのような建具が2種類出てきます。ごくごく一般の建具です。尚、断面詳細図も添付しておきます。まず建具の図面を覚えるならこの図面をマスターすることをおすすめします。■この建具がある環境図は下記をご参…

ショップファサードの外観図と各部詳細図

ショップのファサード詳細図です。天高があるので凄い迫力で仕上がりました。両サイドはショップイメージを助長させるアンドンボックスを配置しています。このショップはアメリカでは路面店の出店が当時は多かったですが、ここまでの天高は無かったような気…

行灯サインの外観図と詳細図

ファミリーショップ店頭の両サイドに配置した行灯サインの詳細図です。行灯内はFLサークルラインを使ってます。3段ある行灯の中央は店名ロゴをつけて、上下はショップイメージのフォトなどを貼り付けます。このような手法はちょっと以前のスタイルのような…

環境ミラー柱の外観図と詳細図

ファミリーショップ内の環境柱詳細図です。ミラー柱にスリットをほどこしたモノですが、ミラー割りが微妙な寸法になっています。特に商品などは展示しないようですが、急を要するときにはスリットにブラケットを取り付けていろいろなバリエーションが考えら…

フィッティングルームエリアの姿見用ミラー

フィッティングルーム(以下FR)エリアのデッドスペースを活用した姿見用ミラーです。うまい使い方で、これは使えます。以下詳細図ですので参考にしてください。このような形状をFR内で使えば、もっと良かったと感じます。以前、百貨店でよく使用されてい…

フィッティングルームの建具詳細図

ファミリーショップのフィッティングルーム(以下FR)の建具詳細図です。FR正面と裏面に框が付いている以外は特にデザインはされていません。またこの框以外は、建具及び、建具枠の収めは基本的なことです。初心者の方はこの基本を覚えておけば、いつでも活…

フィッティングルームの内外展開図と断面図

ファミリーショップのフィッティングルーム(以下FR)造作図です。さすがにアメリカのアウトドアショップですね。FRサイズが余裕があって使いやすそうです。FR内部には、木枠の全面ミラーを一面に取り付け、後はハンガーフック。このあたりもアメリカと同仕様…

ファミリーショップ《アウトドア》の床伏せ図

床伏せ図は初めて投稿します。このショップは、アウトドアショップということでやはりイメージ素材は「木」ですね。アメリカのマニュアルではフローリングを設定している用ですが、コスト調整のためにタジマの塩ビタイルで処理しました。店頭ににも同じく、…

ファミリーショップ《アウトドア》の天井伏せ図

この天井伏せ図は変化に富んでいます。元々の天高がCH=4500mmあるのでかなり高い気がします。そこで壁面廻りを1000mm落として変化を付けました。こうすることで空間全体が間延びせず、壁面にお客様の目をひくことが出来るでしょう。アメリカのショッピングセ…

ファミリーショップ《アウトドア》の展開図

ファミリーショップ《アウトドア》展開図ですが、大型ショップなので無機質な壁面が続きます。マーキングしたエリアは、アクセントエリアというかこのエリアをしっかり「くくる」ことでショップにメリハリを付ける手法です。今となっては、どのショップでも…

ファミリーショップ《アウトドア》の平面図

ファミリーショップの平面図ですが、100坪もある大型カテゴリーショップです。アメリカではオーソドックスなアウトドアブランドです。日本上陸してから、もう20年はなるでしょうかね。当時は凄く人気がありましたが、私思うにちょっと縫製が悪いような気がし…

レジカウンター

レジカウンターも多く描いてきましたが、基本タイプのものです。よく見てみるとレジカウンターというよりもサービスカウンターですね。失礼!百貨店は、集中レジが多いのでショップごとのレジはありません。しかし収納するものは必要です。ですからショップ…

ガラス棚オープン什器

メンズ、レディースどちらの売場でも使用出来る、ガラス棚オープン什器です。下部2段は、視覚的に苦しいのでスライドレールを取付けることでその苦しさは解消されます。什器高も900mmなので、商品を見やすく、触りやすいように気を配った什器のひとつです。…

メンズショップ_003THL/Bゾーン

仕上げはニッケルサテン仕上げのシンプルなT字ハンガーラックです。HG部は、角パイプを使用しているのでとてもスタイリッシュです。若者系のショップにはお似合いです。ステンレスヘアライン仕上げは、コストがかかります。ぱっと見は、それほど変わらないの…

システム什器/ハンガーパイプ

両面をハンガーパイプで構成しているシステム什器です。什器バックに、透明アクリル+カッティングシートを貼り什器に変化を付けています。本来のボリューム什器を店頭などに配置するときは、他の同じ形状の什器との差別化でこのようなテクニックを用います…

システム什器/棚・ハンガー

ショップの坪面積が小さいことから、店頭に配置されていますが普段は中央にてシステム什器として配置されることが多々見られます。片面を棚構成、もう一方をハンガー構成でバリエーションさせています。もちろんハンガーパイプ部分を外して、ここにトルソー…

壁面什器2連

壁面什器では、私にとってはおなじみです。このような図面をいくら描いてきたことでしょう。普通は、W=1200、W=900が基本です。しかしこの場合は、W=600ですのでちょっと変則ですね。おそらくワンスパンにワン商品を明確に見せるテクニックでしょう。縦ライ…

壁面什器3連

この什器はほとんどの百貨店の平場で活用されてます。機能はシンプルで、この場合は600ピッチとなってますがほとんどが900ピッチとなっていることが多いです。600ピッチで1スパンとすることで、商品を明確に見せる場所、売る場所と分けることで見やすさを助…

メンズショップ_003/イメージ

これは、百貨店のメンズ売り場のイメージです。このようにコーナーに必ず演出ゾーンを設けて、お客様にアピールします。壁面に説明があるように、商品の顔が見える転移の方法をとることが鉄則です。繁忙期は店内在庫を増やし、壁面に関しては全てショルダー…

メンズショップ_003の平面図

百貨店の平場メンズショップです。ショップと言うより「売場」ですね。昔は、こんな図面ばかり描いていました。急ぎで描くものですから、レイアウトが分かればいいという判断です。このようなプランを、1日に2〜3店舗分こなしてました。それは酷い生活で…

ストックボックスの外観図

このストックボックスは、先回ご紹介したストール什器と柱との間に出来た空スペースに設置しています。 形的にはどこにでもあるストックボックスです。ただこの什器にも注意すべき点があります。 それは中心部分のオープンになっているスペースに手元灯とし…

カウンターバック什器の外観図と断面図

このカウンターバック什器でレディースショップ(アクセサリー&バッグ)の図面は最後となります。上部の天袋の両側にはディスプレースペースを設けて、アイキャッチにしています。 中央部分にはトレーを設置して、ストールなどを陳列するようになっています…

ショーケース付カウンターの外観図と断面図

このショーケース付きカウンターですが、特に注意して見て頂くところはありませんね。 参考程度に見てもらう程度で十分です。ただ、ケース内の帆立位置と什器の分割位置には注意して下さい。 ケースの底板はそれぞれ単独で引き出せるようになっています。こ…

ストールのディスプレー什器の外観図と断面図

ショップファサードに設置されたストールを主にディスレプレーする什器です。この什器もスモークシート貼りのガラスボックスを使っています。 フェイス見せをする為にオープンになったボックスと、トレーを出し入れ出来る様に固定ガラス棚を取り付けたボック…

アクセ用ガラスボックス什器の外観図

先回ご紹介したスモークシート貼りのガラスボックス什器のサイズを小さくして、アクセサリー用とした什器です。イベントやシーズンによって店頭にディスプレー什器として単体でも使えますね。このガラスボックスには中棚が1段しかない為、アクセサリーと演出…

ガラスショーケースの外観図

このショップのセンターに設置しているガラスショーケースの外観図です。 ガラスショーケースの設計で難しいのはガラスとケースの取り合い部分ではないでしょうか?しかし要点をきちんと理解していれば、さほど難しいものではありません。 基本的にガラスは…

ソファの外観図

カウンター前に設置しているソファの外観図です。 店内にソファを設置する事だけでも、ショップに高級感を与える事が出来ます。ただこの場合はソファの廻りに十分な通路やゆとりある空間をつくらなければなりません。 来店しているお客様に圧迫感を与えては…