店舗設計者の本音と店づくりの知恵袋

店舗の設計を35年間もももつづけてきた図面屋です。私のCAD資料をベースに店づくりの基本と本音をお伝えします。

アパレルショップのマニュアルを考える_その2

f:id:zumenya:20171211174403j:plain

 

先回の続きをお届けしますが、アパレルのアニュアルなどはその時代と共に変化はします。しかし、それほど大きな違いは感じません。

なぜなら、商品は変わりつつも売り方はそれほど変わることはなく、例を挙げれば「置く」「吊る」「掛ける」といった手法のみです。

ただ、ちょっと考えてみてください。

私は店舗設計をしていて、いつも大切にしていることは、「如何に見せる」「如何にさわってもらう」「如何に買ってもらう」ってことです。

言い回しは、ベタですがこれが基本と考えてきました。

毎日の活力剤となります!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ
にほんブログ村

デザイン ブログランキング

続きを読む

アパレルショップのマニュアルを考える_その1

f:id:zumenya:20171205112833j:plain

 

過去の資料を整理したものを何回かに分けて投稿してみますが、今でもある施設かどうかは解りません。

ただ思ったことはというと、お目にかけるのは10年前の資料ですが今でも十分に通用する資料で有り、ショップのVMDを考えるときにきっと役立つ資料だと感じます。

店舗の機能なんて、10年、20年前でも、今とちっとも変わってはいません。時代に合わせた雰囲気やイメージが変化しただけでしょう。

毎日の活力剤となります!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ
にほんブログ村

デザイン ブログランキング

続きを読む

店舗設計屋さんの余生は資料整理から!

f:id:zumenya:20160602120556j:plain

 

店舗設計を永くやってきた私ですが、最近は実施図面や施工図面を主にして仕事をこなしていて、ほとんどデザインや企画物件は遠のいていました。

もちろん、今後もそういった仕事には携わる気は無いのですが、先日過去の資料を整理していたら凄いとはいえないまでも「けっこう企画ものやってたんだ!」っていう資料が出てきました。

懐かしくて、ほぼ一日過去の自分浸ってました。ちょうど20年前のことで、私も45歳前後だったと記憶しています。

世間の景気もよく、私も充実した毎日を暮らしていた頃でした。

毎日の活力剤となります!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ
にほんブログ村

デザイン ブログランキング

続きを読む