読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

店舗設計者の本音と店づくりの知恵袋

店舗の設計を35年間もももつづけてきた図面屋です。私のCAD資料をベースに店づくりの基本と本音をお伝えします。

婦人服飾雑貨_0003/バックパーティションの姿図

f:id:zumenya:20170426152432j:plain


店内、向かって右に位置するディスプレーテーブルのバックに配置させるパーティションの図面です。

位置関係は平面図でご確認ください。
⇒ 婦人服飾雑貨_0003/平面図事例

この売場で唯一、ちゃんとしたVMDが施されている絵里香と言って過言では無いでしょう。

私は、この売場だからこそこういったVMDが必要だと感じます。

そして、このバックパーティションも、このディスプレイゾーンを演出するにあたって大切なパーツなのです。

さて、続きをいきますよ!

毎日の活力剤となります!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ
にほんブログ村

デザイン ブログランキング

続きを読む

婦人服飾雑貨_0003/ディスプレイ テーブル

f:id:zumenya:20170426152730j:plain

このテーブルは、店頭に位置することにより、お客様にこの売場のアピールをする役目を担っています。

まずは、平面図を確認しましょう。
⇒ 婦人服飾雑貨_0003/平面図事例

見ての通り、百貨店の一階の面に配置されています。やはりここはVMDでの演出は欠かせません。

後にご紹介するパーティションとの併設でこのディスプレイ テーブルはもっと生きてきます。

続きをどうぞ!

毎日の活力剤となります!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ
にほんブログ村

デザイン ブログランキング

続きを読む

婦人服飾雑貨_0003/中央タワー什器の外観図

f:id:zumenya:20170426151622j:plain

整然と什器が配置されている売場にこのようなタワー什器の配置はインパクトがありますね。

位置関係は平面図でご確認ください。
⇒ 婦人服飾雑貨_0003/平面図事例

がたいがでかいので威圧完はありますが、この売場にとって象徴性と存在感をアピールしているかもしれません。

仕様としては、他の単品什器と同じ考え方ですが、フォルムがかなり変化しているだけです。

什器トップにディスプレースペースを設け、お客様の寄り付きを増すために什器コーナーにはテーパー加工を施しました。

売場には柱はつきものですが、あえてこのような疑似柱っぽい什器は珍しく感じます。

毎日の活力剤となります!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ
にほんブログ村

デザイン ブログランキング